2020年の18枚!

時代のエッジ際キワを歩くオトコ、デリック・ホッジの新譜 “ カラー・オブ・ノイズ ” は最高傑作!

Derrick Hodge / Color of Noize / 2020年
デリック・ホッジ / カラー・オブ・ノイズ / No,2239f:id:kingt4nikola:20200826190554j:plain
UKに負けてはいられない!本家(?)ブルー・ノートのリーサル・ウェポン、デリック・ホッジの新譜を紹介。

オイラの超好きなベーシスト。
いやベーシストという枠におさまりきれないミュージシャン、デリック・ホッジのことは、ずいぶん以前紹介した。

ソロ・アルバムにとどまらず、ロバート・グラスパー・グループの懐刀と言ってもいい存在。

もちろん、それ以外でも八面六臂の活躍中

彼のソロ3作目が本作。
凄いッス。なんといっても疾走いや爆走するツインドラム。
特に、タイトル・ナンバーには度肝を抜かれる。

全体通して、アンビエントというか優雅な美しい楽曲だけど、リズムが過激すぎる。
カッコよすぎて毛穴と瞳孔が開く。

ドラムは、ジャスティン・タイソンとマイク・ミッチェル。
そこにピアノあるいはオルガンで絡むジャハリ・スタンプリー。

このとんでもないプレイを披露してるジャハリ・スタンプリーは、このアルバムがレコーディング初体験らしい  ↓ (またも要注目の若手登場)。

ピアノをプレイしてくれたジャハリ・スタンプリーはソーシャル・メディアで見つけた人で、彼のサウンドを聴いたときは驚いたね。実は彼はロバート・グラスパーが教えてくれた人で、僕から声をかけさせてもらったんだ。さらに驚いたのは、今回が彼にとって初めてのレコーディング経験だったらしい。まだ18歳だっていうんだから確かに不思議じゃないけど、そういった経歴も含めてとても興味深かったね

しかも、こんな複雑極まりないリズム&アンサンブルが、全曲ほぼワンテイクで録られているらしい、激クール!

ちょっとね、興奮する。
いやいや、だいぶ興奮。

美しさとオーガニックな手触りと、激しさと儚さが同居する奇跡の一枚。
聴いた途端に鷲づかみにされた、ひさびさに胸が高鳴るというか熱くなる一枚。

爆音、あるいはいいヘッドフォンで聴いて欲しい。
好きすぎて、気の利いた言葉がみつからない。
2020年の10枚入り一発確定。

Bass, Keyboards, Guitar, Voice – Derrick Hodge
Piano, Organ – Jahari Stampley
Keyboards, Synths – Michael Asberg
Drums – Mike Michell
Drums – Justin Tyson
Turntables – DJ Jahi Sundance
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Advance / アドバンス度 ☆☆☆
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆☆
Fantastic / ファンタジック度 ☆☆
Ambient / アンビエント度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Ensemble / アンサンブル度☆☆☆
Stylish / スタイリッシュ度 ☆☆☆
Individual Style / 個性的なスタイル ☆☆☆
Trance / トランス度 ☆☆

↓  タイトル・ナンバーにのけぞるがいい!


Derrick Hodge – Color of Noize


Derrick Hodge – Color of Noize (Album Trailer)


Derrick Hodge – New Day

COLOR OF NOIZE

 

COLOR OF NOIZE

  • デリック・ホッジ
  • ジャズ
  • ¥1935
Color of Noize

 

Color of Noize

  • アーティスト:Hodge, Derrick
  • 発売日: 2020/06/26
  • メディア: CD
RELATED POST