お知らせ、そのほか

Blue Note Re:imajined / 2020年
ブルー・ノート・リ・イマジンド / No,3001

謹賀新年!今年もよろしくお願いします。
元旦1発目は、ヒップなUKジャズでスタート / 元旦コンフォート

このアルバムも2020年に随分話題になったし、サブスクのジャズ・チャートでも上位にのぼってた。

ブルーノートの歴史を代表する名曲を、近年目覚ましく躍進を遂げるUKジャズの俊英ミュージシャンが、新たにカヴァーしたアルバム。
日本人アーティストKan Sanoのドナルド・バードのカヴァーが収録されてることでも話題になった。

ウェイン・ショーターが5曲も取り上げられていて、それに歌詞を付けての歌ものだというところが興味深い。

正月は、オイラの大好きな “ Maiden Voyage ” で始めるというお約束。
もちろんこのアルバム13曲目に収録されてる。

もう、ネタが切れてきたんで来年は違う始まりでいこうかな。

年が明けナンバリングはNo,3001となった。
2018年ゼロ番台、
2019年1000番台、
2020年2000番台と来たので、
2021年は当然3000番台。
数を大きく見せる姑息なナンバリング手法。

すでに3年目突入、今年も適当にやっていきます。
明日、明後日は、正月休みをいただいて月曜4日から通常営業の予定。

本年もよろしくお願いいたします。

RELATED POST