試験にでる現代ジャズ ≪入門編≫

Contemporary Jazz for Exams
≪ Introductory Edition ≫Vol.026
試験にでる現代ジャズ ≪ 入門編 ≫ Vol.026
Joshua Redman, Brad Mehlda / Nearness / 2016
ジョシュア・レッドマン, ブラッド・メルドー / ニアネス / No.3205

試験にでる現代ジャズ ≪ 入門編 ≫ Vol.026

Joshua Redman, Brad Mehldau / Nearness / 2016
ジョシュア・レッドマン, ブラッド・メルドー / ニアネス

現代ジャズを背負って立つ盟友ジョシュア・レッドマンとブラッド・メルドーによる珠玉のデュオ。

Contemporary Jazz for Exams
≪ Introductory Edition ≫Vol.026

Joshua Redman, Brad Mehldau / Nearness / 2016

A gem of a duo album by Joshua Redman and Brad Mehldau, two of the greatest jazz musicians of our time.

Joshua Redman / Brad Mehldau / Nearness

Saxophone – Joshua Redman
Piano – Brad Mehldau
++++++++++++++++++++++++++++++++++
JazzDog’s Rating ☆☆☆☆
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Thrilling Sounds / スリリング度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆☆

さて月曜日、試験にでる現代ジャズ ≪ 入門編 ≫ブラッド・メルドーのデュオ2連発、きょうは盟友ジョシュア・レッドマンとの傑作。(あっ、このアルバムも3回目掲載)

現代ジャズの最前線をひた走ってきたこの2人の初共演は、これ ↓

1994年のことだ。

2016年ということは、この時点で22年が経過している。
たがいに刺激しあい、成長してきた2人の持てるものを全てを注ぎ込んだというか、
ライブ盤なので、さらけ出したというべきか。

とにかく気迫、1音1音への集中力が素晴らしく、
1曲終えるごとに聴いてるこちらまで思わず唸りを漏らす。

2人の織りなすインタープレイの素晴らしさ。
全74分が、瞬く間に過ぎるほど濃密な時間。
まさしく、これがジャズだ。

もっとも、そこまで集中して聴かなくとも、
2人の弾む会話、美しい響き、
リズム隊なしのデュオならではの軽やかさは、こころを晴れやかにしてくれる。

ジャズ史に残る名盤。

RELATED POST