Organ player's albums

Delvon Lamarr Organ Trio / Live in Loveland / 2022
デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオ / ライヴ・イン・ラヴランド / No.4157

暑さとファンクなグルーヴで脳内麻薬が出まくり!
The heat and the funk grooves are getting my brain pumping!

Delvon Lamarr Organ Trio / Live in Loveland / 2022

Organ – Delvon LaMarr
Drums – David McGraw
Guitar – Jimmy James
++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Feel good / ご機嫌度 ☆☆☆☆
Nostalgic / ノスタルジック度 ☆☆
Wistful / 哀愁度 ☆☆
R&B feeling / ソウル度 ☆☆☆
Funky / ファンク度 ☆☆☆
Affinity / ジャズ初級者度 ☆☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆☆☆

いや〜毎日暑い。
おいらの住んでる所は雨の被害はほぼ無かったけど、
毎日毎日外に出る度、不快指数が爆上がりだ。

出退勤時のウォーキングタイムが、ジャズ・リスニングタイムのオイラ、
この環境でちょっと繊細な音に耳を傾けるなんてできませんヮ、集中力皆無。

勢い音楽的な傾向が、ファンク、アフロ、ブギー、ソウルフル系になってしまう。
と、言い訳したところで今日は、

シアトル発、ファンク・グルーヴ・マシン!
デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオの最新ライヴアルバム。

2015年にシアトルにて結成。
ローカルシーンから全米に名を馳せた実力は、伊達じゃない。

コリコリで、キレキレ、ノスタルジックでソウルフル。
ついでにサイケデリックでセクシーでドラグジー。

暑さに思考停止気味なオイラの脳味噌でも、
奥深くのプリミティブな部分が反応してカラダが動きだす。

これ聴いて、もう遠い目で夢遊病者のごとく、
夏フェスの夢をみながら仕事へ向かうという日々ですヮ。

暑さとファンクなグルーヴがあいまって、
脳内麻薬出ること請け合い!

RELATED POST