Piano Trio

世界に恋をするというのは、つまりはそういうことではないか(村上春樹) / 週末クワイエット

Bill Evans Trio / Waltz for Debby / 1961年
ビル・エヴァンス・トリオ / ワルツ・フォー・デビイ / No,2221

f:id:kingt4nikola:20200808082058j:plain

週末クワイエット、もうベタベタなアルバムで恥ずかしい。

 
ヴィレッジ・ヴァンガード・ライブだけ取り上げてきた今週のトリ。
しっとりと沁みるヴァンガード・ライブったら、まずこれが浮かぶのが人情。

いまさら内容についてオイラが語ることない名盤中の名盤。
ジャズ界の頂点に立つアルバムと紹介して障りないレジェンド。

ライブ・レコーディングの11日後に、この史上最高のトリオとうたわれる3人の1人ベーシストのスコット・ラファロが交通事故にて他界。
その事実がまた、このアルバムを伝説としている。

この日のレコーディングから作られたアルバムは、2枚。
この  “ ワルツ・フォー・デビイ ” と “ アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード ”  。

オイラ的には、よりスコット・ラファロがフューチャーされた“ アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード ”  が好きだけど、週末クワイエット的には、1曲目の “ マイ・フーリッシュ・ハート ”  から沁みしみな  “ ワルツ・フォー・デビイ ” なわけ。

甘い曲、たしかにそうだ。しかしここまで肉体に食い込まれると、もう何も言えないというところはある。世界に恋をするというのは、つまりはそういうことではないか。(村上春樹:ポートレイト・イン・ジャズ)

みなさま、心おだやかな日曜日を。

Degree of
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆☆
Romantic / ロマンティック度 ☆☆☆
Sentimental / センチメンタル度 ☆☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆☆☆
Modern Contemporary / 本流回帰度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Affinity / ジャズ初級者度 ☆☆☆
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Piano – Bill Evans
Bass – Scott LaFaro
Drums – Paul Motian


Bill Evans Trio – My Foolish Heart

Waltz for Debby (Original Jazz Classics Remasters) [with Paul Motian & Scott Lefaro]

Waltz for Debby (Original Jazz Classics Remasters) [with Paul Motian & Scott Lefaro]

  • ビル・エヴァンス・トリオ
  • ジャズ
  • ¥1324
WALTZ FOR DEBBY

WALTZ FOR DEBBY

 

 

RELATED POST