Grammy Awards 2020

Grégoire Maret, Romain Collin, Bill Frisell / Americana / 2020年
グレゴア・マレ, ロメイン・コリン, ビル・フリゼール / アメリカーナ / No,2315

パット・メセニー最新作にも競演の現代ハーモニカ第一人者グレゴア・マレが描くアメリカの原風景、2020年度グラミー・ノミネート作品 / 週末クワイエット

Grégoire Maret, Romain Collin, Bill Frisell / Americana

Harmonica – Grégoire Maret
Piano, Synthesizer, Organ, Effects – Romain Collin
Guitar, Acoustic Guitar, Banjo – Bill Frisell
Drums – Clarence Penn
Composed By – Grégoire Maret, Romain Collin
Producer – Grégoire Maret, Romain Collin
++++++++++++++++++++++++++++++++++
JazzDog’s Rating ☆☆☆☆
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆☆
Feel good / ご機嫌度 ☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Nostalgic / ノスタルジック度 ☆☆
Sentimental / センチメンタル度 ☆☆
Wiswistful / 哀愁度 ☆☆
Ambient / アンビエント度 ☆
Relaxing / まったり度 ☆☆☆
Individual Style / 個性的なスタイル ☆☆
Affinity / ジャズ初級者度 ☆☆☆

きょうは、リラックスのための週末クワイエットもグラミー関連でまいります。

ハーモニカのグレゴア・マレ、ピアノのロマン・コラン。そしてギターの巨匠ビル・フリゼールが描くアメリカの原風景。

いきなりのダイアー・ストレイツの名曲にグッとくる。

これね、何となくイメージとしてアコースティックでノスタルジックでホンワカした音楽と思いがちだけど、いやいや伊達にグラミー・ノミニー(ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞)ではない。

現代的エッセンスというか、重低音、ノイズ、シンセ、様々なエフェクトが駆使され、でもアコースティックな雰囲気を壊さない絶妙なバランス。

休日の空がよく似合う音楽。
みなさま、よき週末を。


RELATED POST