2020年の20枚!

Ron Miles / Rainbow Sign / 2020年
ロン・マイルス / レインボウ・サイン / No,2329

渋いぜロン・マイルス、ブルー・ノート移籍第1弾。
コルネットに魅せられた男が、亡き父に捧げたアルバム。

Ron Miles / Rainbow Sign

Cornet,Producer, Composed By – Ron Miles
Bass – Thomas Morgan
Drums – Brian Blade
Guitar – Bill Frisell
Piano – Jason Moran
++++++++++++++++++++++++++++++++++
JazzDog’s Rating ☆☆☆☆
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Americana / アメリカーナ度 ☆☆
Wiswistful / 哀愁度 ☆☆
Ambient / アンビエント度 ☆☆
Relaxing / まったり度 ☆☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆☆☆

今年リリースされたアルバムの中で、まだまだ話題作品で取り上げていないものがある。ある意味、きのう紹介の “ ウォルフガング・ムースピール / ライジング・グレース ” と近い空気をまとった作品、つまり大人の音楽ということでロン・マイルスの紹介。

ロン・マイルスは、トランペッターというかコルネット奏者。
* トランペット、コルネット、フリューゲル・ホルンの違いはこちら
このアルバムは、ギターの盟友ビル・フリゼールとベースのトーマス・モーガン、ドラムにブライアン・ブレイド、そしてピアノにジェイソン・モランという布陣で作りあげた。

ほとんどの曲が、彼の父親が亡くなった2018年の夏に作曲されたものだという。
このアルバムは2日間のセッションとしてレコーディングされはしたものの、当初は特にリリース予定は決まっていなかったみたいですが、アルバムに参加しているビル・フリゼールが自身が所属するブルーノート社長のドン・ウォズに音源を聴かせて、リリースが決まったという経緯

ということらしい。

昨日のライジング・グレース同様、取っつきにくいというか、あまりキャッチーではないのでアダルト・オンリーな雰囲気。

しかし、よく聴くとロン・マイルスの吹く旋律は意外とシンプルだし、メロディアスだし、ブルージーだ。アルバム通して聴き疲れしないのは、そんなコアがあるからだろう。さしずめフリー、あるいはコンテンポラリーの皮をらぶったブルーズ。

そんな彼のサウンドをいぶし銀のメンバーが、さらに膨らます、交差する、遊ぶ。リラックスした大人の会話が繰り広げられる。

ブルージーで、メロディアスでアンビエントでアメリカーナ(なんだそれ)。まさしくジャズの本質であるインタープレイが、でも和やかに繰り広げられる名盤。

やはり、2020年を代表するアルバムと言える。

RELATED POST