Saxophon player's albums

David Binney / Barefooted Town / 2011年
デヴィッド・ビニー / ベアフッテッド・タウン / No,3009

ダークで内省的、緻密な構造と複雑なリズムからなるNYコンテンポラリーこじらせ系デヴィッド・ビニーの3管セクステット!

David Binney / Barefooted Town

Alto Saxophone, Voice, Composed By, Mixed By – David Binney
Tenor Saxophone – Mark Turner
Trumpet – Ambrose Akinmusire
Piano – David Virelles
Bass – Eivind Opsvik
Drums – Dan Weiss
++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆
Melancholy / メランコリー度 ☆
Wiswistful / 哀愁度 ☆
Spiritual / スピリチュアル度 ☆
Individual Style / 個性的なスタイル ☆

大好きなアンブローズ・アキンムシーレの参加作品を追っかけてて見つけたアルバム。アキンムシーレは、デビューが2008年なんで、まだキャリア2・3年目というところだ。

デヴィッド・ビニーは、アメリカのアルト・サックス奏者。1961年生まれだから今年60歳を迎える人、ベテランと呼んで差し支えないだろう。

オランダの名門4ビート帝国(?)クリス・クロス・ジャズ・レーベルから多くのアルバムを出してる人だ。

メンバーは、2人のほかにマーク・ターナーを加えて3管体制。
ベースがアイヴィン・オプスヴィーク、ドラムがダン・ワイス。それにピアノのダビィ・ビレージェスを加えたセクステット、豪華だ。

サウンドの方は、3管を活かしたキメがキレよく入る曲が多いけど、壮快とまではいかない。

デヴィッド・ビニー調とでもいうか、やや無機質でダーク。コーラスの入る曲も何曲かあるけど、2曲くらいはスピリチュアルな空気まで醸しだしている。

アキンムシーレは堂々とした吹きっぷりで、ビニーのサックスとは対照的な哀感こもったソロで聴かせる。

全編通して気持ちよかったのはダン・ワイスのドラミングとダビィ・ビレージェスのピアノ。

ときおり “ おっ”と思わせるし、ダークな曲調、退屈になりそうな気難しさをかき回すようなプレイが楽しかった。
ドラムとの対比でそれぞれのソロを聴き直してゆくと、またおもしろさがにじみ出す。

クリス・クロス近辺をふだんあまり聴かないので、よく知らなかったけどデヴィッド・ビニー周りでよく共演しているメンツみたい、また探ってみなきゃ。

RELATED POST