Guitar player's albums

Rale Micic, John Abercrombie, Peter Bernstein, Lage Lund / Inspired / 2016
レイル・ミシック, ジョン・アバークロンビー, ピーター・バーンスタイン, ラーゲ・ルンド / インスパイアード / No,4036

ジム・ホールへの愛とリスペクトが、温かくもジンワリ伝わってくるアルバム。
An album that warmly and gently conveys the love and respect for Jim Hall.

今週は、ジョン・アバークロンビー&ギタリスト。

このアルバムは、2016年のリリース。
セルビア出身のレイル・ミシック、
ジョン・アバークロンビー、ピーター・バーンスタイン、
それにラーゲ・ルンドという4人のギタリストの参加アルバム。
ギター・オンリーで、ソロ、デュオ、トリオ、1曲のみ4人での演奏が収められている。

ジム・ホールへのトリビュートとなっていて、
ジム・ホールの曲が3曲、ほかもジム・ホールが好んで演奏した楽曲。(↓ 以下参照)

Rale Micic, John Abercrombie, Peter Bernstein, Lage Lund / Inspired / 2016

1, Dream Steps
Guitar – Lage Lund, Rale Micic
Written-By – J. Hall

2, Alone Together
Guitar – Rale Micic
Written-By – H. Dietz, A. Schwartz

3, Bon Ami
Guitar – Lage Lund, Peter Bernstein
Written-By – J. Hall

4, My Funny Valentine
Guitar – John Abercrombie, Rale Micic
Written-By – L. Hart, R. Rodgers

5, I’m Getting Sentimental Over You
Guitar – John Abercrombie, Lage Lund
Written-By – G. Bassman, N. Washington

6, All Across The City
Guitar – John Abercrombie, Lage Lund, Peter Bernstein
Guitar, Arranged By – Rale Micic
Written-By – J. Hall

7, My Ideal
Guitar – Peter Bernstein
Written-By – L. Robin, N. Chase, R. Whiting

8, I Should Care
Guitar – Peter Bernstein, Rale Micic
Written-By – P. Weston, Robert Sour, Sammy Cahn

9, Body And Soul
Guitar – Lage Lund

10, I Hear A Rhapsody
Guitar – John Abercrombie, Peter Bernstein
Written-By – D. Gasparre, G. Fragos, J. Baker

11, Embraceable You
Guitar – John Abercrombie
Written-By – G. Gershwin, I. Gershwin

++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆☆
Feel good / ご機嫌度 ☆☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Romantic / ロマンティック度 ☆☆☆
Sentimental / センチメンタル度 ☆☆☆
Melancholy / メランコリー度 ☆☆☆
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆☆
Wistful / 哀愁度 ☆☆☆
Relaxing / まったり度 ☆☆☆

正統派の4人だけあって、ギター好きなら聴いただけで大体区別はつくのではないだろうか。
(オイラは、クレジット見た後なら分かる)

現代のどのギタリストへのインタビューでも、
影響を受けたギタリストとして名の上がるのがジム・ホールだ。
まさに現代ギタリストの神。

そういう意味ではこのアルバムは、バイブルまたは聖歌。
4人のジム・ホールへの愛とリスペクト、
そして神の僕としての互いへのリスペクが、
温かくジンワリ伝わってくるアルバム。

RELATED POST