Piano Trio

全編アーロン・パークスのフェンダー・ローズ・プレイ、変則ギター(ピアノ)トリオ / ルイージ・マッシャーリ

Luigi Masciari / The G-Session / 2016年
ルイージ・マッシャーリ /  ザ・ジーセッション / No,2108

f:id:kingt4nikola:20200416210557j:plain

はい、きょうもアーロン・パークス繋がり。
イタリアのギタリスト、ルイジ・マッシャーリの作品。

 
これね、トリオなんです。
ギターとピアノとドラムという、変則トリオ。
ギター・トリオというのかピアノ・トリオというのか。

つまりベース・レス。
だから、アーロン・パークスの左手がベースラインを紡ぎ出す。

ほぼフェンダー・ローズ(エレピ)での演奏。
アーロン・パークス、こんなこともやるんだ!
いや、やってみたかった、なのか ?!

まあ、このルイジ・マッシアリとの接点がどうで、こんな編成になったかは、ちょっと分からない。

小気味いいドラム、ちょっとだけ歪んだギター、そしてアーロンのベースライン。
いずれにしても、ちょっと珍しいアーロン・パークスのプレイを楽しむことができる。

ラスト曲だけアーロンはピアノを弾いている。
他も結構興味深いというか楽しいんだけど、最後でみょうにホッとしたりして。
ま、そんな感じッス。

Guitar – Luigi Masciari
Fender Rhodes, piano – Aaron Parks
Drums – Roberto Giaquinto

The G-Session

The G-Session

  • Luigi Masciari, アーロン・パークス & Roberto Giaquinto
  • ジャズ
  • ¥1428
G-Session

G-Session

  • アーティスト:Luigi Masciari
  • 発売日: 2016/09/20
  • メディア: CD
 

 

RELATED POST