Piano Trio

Enrico Pieranunzi / Stories / 2014年
エンリコ・ピエラヌンツィ / ストーリーズ / No.3095

スコット・コリー&アントニオ・サンチェスとのトリオ再び!
イタリアの至宝エンリコ・ピエラヌンツィの辛口トリオ。

Enrico Pieranunzi / Stories / 2014年

Piano – Enrico Pieranunzi
Bass – Scott Colley
Drums – Antonio Sanchez
Composed By – Enrico Pieranunzi (tracks: 1 to 3, 5 to 8), Scott Colley (tracks: 4)
++++++++++++++++++++++++++++++++++
JazzDog’s Rating ☆☆☆☆
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Thrilling Sounds / スリリング度 ☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Lyrical / リリカル度 ☆☆☆
Sentimental / センチメンタル度 ☆☆
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆☆

イタリアの至宝、エンリコ・ピエラヌンツィをもう1枚。
きょうのは、ピアノトリオ。

ベースのスコット・コリーとドラムのアントニオ・サンチェスを招いてのアルバム。
このメンツでの2枚目だ。↓ 1作目はこれ

それにしても、ピエラヌンツィの創作意欲はすごい。
このアルバムのような若い世代との共演、いろんなタイプの音楽、表現を果敢に挑み続ける姿は素晴らしい。

さて、内容だけど1曲目、いきなり変拍子のアグレッシブな曲で意表を突いてくる。
抒情派なみなさん、がんばってついてきて。
2曲目も勢いは続く、躍動感ある軽快で流麗なサンバ。

3曲目で得意のワルツ、でも今回は甘くない。ここまでで、すでにかなりの満足度。
そして4曲目は、穏やかで翳りのあるスロー・ナンバー。
高速パッセージで始まる5曲目。各自の動きに目が離せない、これも盛りあがる。

6曲目は、陰翳が深く思索的。それでも美しさを失わないで少しセンチメンタル。

7曲目は、6曲目と似たようなトーン、静かに始まる。スコット・コリーの見事なソロのあと徐々に盛りあがってゆきヤマ場を迎える。
そして、牧歌的なラスト。見よ、光が!天を仰ぎたくなる、そしてため息。

3人の実力が高次元でバランスよく発揮された素晴らしいピアノ・トリオ・アルバム。

RELATED POST