Saxophon player's albums

David Binney / Graylen Epicenter / 2011年
デヴィッド・ビニー / グレイレン・エピセンター / No,3072

デヴィッド・ビニーが、豪華メンバー+ツイン・ドラム+アキンムシーレ+グレッチェン・パーラトでおくる、NYコンテンポラリー直球内角低め!

David Binney / Graylen Epicenter / 2011年

Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Vocals, Producer, Composed By – David Binney
Bass – Eivind Opsvik
Drums – Brian Blade (Track: 1 – 4, 6, 8 – 10), Dan Weiss (Track: 1, 5, 6, 9, 10)
Guitar – Wayne Krantz
Percussion – Rogerio Boccato
Percussion, Vibraphone – Kenny Wollesen
Piano – Craig Taborn
Tenor Saxophone – Chris Potter
Trumpet – Ambrose Akinmusire
Vocals – Gretchen Parlato
Vocals – Nina Geiger (Track: 10)
++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Thrilling Sounds / スリリング度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆☆
Advance / アドバンス度 ☆☆☆
Ambient / アンビエント度 ☆☆
Individual Style / 個性的なスタイル ☆☆

きょうも、グレッチェン・パーラト作品をせめてみよう、デヴィッド・ビニーの2011年のアルバム。

ふつうゲスト・ヴォーカルの使い方って、「アルバムが退屈しないよう1・2曲ヴォーカル曲でも入れとくか!」的な扱いが多い。

しかし、このアルバムでは、2管3管のところの1つをパーラトのヴォイスで、あるいはシンセではなくヴォイスといった使い方だ。もちろん代替えではなく、ヴォイスならではの効果を期待しての使い方、完全に楽器としてヴォーカルを捉えている。

デヴィッド・ビニーもグレッチェン・パーラトも互いの求めるところを知っての好ましい展開。

さらには、ダン・ワイスとブライアン・ブレイドのツイン・ドラム(4曲あり)、アンブローズ・アキンムシーレのトランペット+クリス・ポッターのサックス、さらにウェイン・クランツという毛色の変わったギタリストまで加え実験的なサウンドを繰り広げている。

多彩なバラエティというか、曲ごとに色んな取組がなされてて飽きさせない。なかでもオイラ的には大好きなアンブローズ・アキンムシーレの音に耳をそばだててしまう。

2011年といえば、ちょうどブルーノート・デビューを果たした年。
すでに人並み外れた音色やテクニックであることに驚く。

繰り返し聴いては発見のあるアルバムだ。
飽くなき実験者であり探求者デヴィッド・ビニーの野心作、聴き応えあり。

RELATED POST