Drummer's albums

Dafnis Prieto / Absolute Quintet / 2006
ダフニス・プリート / アブソリュート・クインテット / No.4011

優れた作編曲家として、さらに踏み込んだ世界をみせるダフニス・プリートの新境地。
This is the second album by Dafnis Prieto in 2006, which shows his new world as an excellent composer and arranger.

Dafnis Prieto / Absolute Quintet / 2006

Drums – Dafnis Prieto
Bells – Dafnis Prieto (Tracks: 5)
lto Saxophone – Yosvany Terry (Tracks: 1, 3, 8)
Soprano Saxophone – Yosvany Terry (Tracks: 2, 5, 6, 10)
Tenor Saxophone – Yosvany Terry (Tracks: 9)
Shekere – Yosvany Terry (Tracks: 5)
Alto Saxophone, Guest – Henry Threadgill (Tracks: 4)
Cello – Dana Leong
Organ, Keyboards – Jason Lindner
Violin – Christian Howes
Bass Violin – Christian Howes (Tracks: 5 to 7)
Vocals – Dafnis Prieto (Tracks: 1), Jason Lindner (Tracks: 1)
Written-By – Dafnis Prieto
Producer – Dafnis Prieto, Roberto Occhipinti
++++++++++++++++++++++++++++++++++
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆
Ensemble / アンサンブル度 ☆☆☆
Abstract / アブストラクト度 ☆☆
Latin Flavor / ラテン度 ☆☆
Feel good / ご機嫌度 ☆☆
Spiritual / スピリチュアル度 ☆☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆

気鋭のキューバ出身ドラマー ダフニス・プリートをもう1枚。
こちらは、2006年のセカンド・アルバム。

アブソリュート・クインテットと呼ぶからには、5人だと思うけど、
ドラムの本人と、サックスのヨスバニー・テリー。

それにサックスのヘンリー・スレッドギルとピアノのジェイソン・リンドナー。
チェロのダナ・レオンに、バイオリンのクリスチャン・ハウズというメンバー。
ヘンリー・スレッドギルにはゲストと書いてあって、+1の6人。

驚いたことに本人とヨスバニー・テリーだけが、前回と同じメンバーで、
しかも、ほか4人はラテン勢ではない。

スレッドギルといえばフリー系の御大だし、後の3人もかなり実験的というか、
ちょっと想像つかないメンバー。

出だしの曲は、リラックスしたオーガニックなカリプソぽいリズムの気持ちのいい曲。
しかし、中盤当たりからコンテンポラリーよりというか、コンテンポラリーでもないなにか実験的な世界がひろがる。

やや内省的で、脳天気なラテンなど微塵もない。
暗いかのかというと、そうでもなくフリーぽかったり、抽象的だったり、華やいだかと思えば漂い。

でも、ダフニス・プリートらしいドラム、リズム世界は健在で、ちょっとどこにもない個性的な世界を創りだすのに成功している。
もっともポップなジェイソン・リンドナーでさえ、こんなアブストラクトなピアノ弾くんだと驚かされる。

底の知れない力量を感じさせるヨスバニー・テリー、そして老獪なスレッドギルとのインタープレイ。チェロとバイオリンが創りだす怪しい空気。
優れた作編曲家として、さらに踏み込んだ世界をみせるダフニス・プリートの新境地。

RELATED POST