Drummer's albums

Antonio Sanchez / Migration / 2007年
アントニオ・サンチェス / マイグレーション/ No,3142

いまや押しも押されぬ最重要ドラマーとなったアントニオ・サンチェス、2007年の初リーダー作品。そしてクリス・ポッターとパット・メセニーの邂逅!

Antonio Sanchez / Migration / 2007年

Drums – Antonio Sanchez
Bass – Scott Colley
Tenor Saxophone – David Sanchez
Tenor Saxophone, Soprano Saxophone – Chris Potter
Piano – Chick Corea(Tracks: 1,8)
Guitar – Pat Metheny(Tracks: 3,9)
Composed By – Antonio Sanchez(Tracks: 2, 4 to 6)
++++++++++++++++++++++++++++++++++
JazzDog’s Rating ☆☆☆☆
Degree of
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆☆
Thrilling Sounds / スリリング度 ☆☆☆
Elegance / エレガント度 ☆☆☆
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆
Wiswistful / 哀愁度 ☆☆
Stylish cover arts / ジャケ買い度 ☆

きょうも、クリス・ポッター繋がり。
いまや押しも押されぬ最重要ドラマーとなったアントニオ・サンチェス、2007年の初リーダー作品。

クリス・ポッターとデヴィッド・サンチェスのツイン・テナーにベースがスコット・コリーというメンバー。
それに、ゲストとしてチック・コリアとパット・メセニーがともに2曲ずつ加わったという初リーダー作にしては破格の豪華メンバー。

しかも、チックとメセニーはともに1曲ずつ提供してるし、チックにいたっては、タイトルが “ One For Antonio ” となっている。む〜愛されてるぜ、アントニオ・サンチェス。

それもそのはず、演奏を聴けば納得の安定感というか、大物2人から愛されるだけの力をいきなり発揮しているアントニオ・サンチェスだ。新人らしからぬ高度な内容の完成度の高いアルバムとなっている。

名刺代わりの1曲目(チックの曲)からただならぬテンションで、もう名盤認定だしていいほどの内容にうっとりする。

それ以降のゲストの入らない曲も、無茶苦茶こった作りでもない普通の曲(失礼)でも、このメンツだとこんなにカッコいいのかと感服。それに、なんといってもサンチェスのドラミングに唸る。

メセニーが入る曲も、いままでに聴いたことないメセニーの色が出ていて、ため息。
それから、なんといっても9曲目 “ Solar ” はメセニーとサンチェスのデュオ。
あらためて、サンチェスのドラミングの素晴らしさに絶句する。

素晴らしい作品。

ついでのようだけど、
これがきっかけでパット・メセニーの “ ユニティ・バンド ” が始まったという記念碑的アルバムでもある。

RELATED POST