Pianist and Keyboard player's albums

ジャケットからは想像できない美しいサウンドと余韻、ジョン・カウハードの世界

Jon Cowherd / Mercy / 2014年
ジョン・カウハード / マーシィ / No,2232

f:id:kingt4nikola:20200819132522j:plain

きょうは、先週紹介のスティーヴ・カーディナス “ Blue Has A Range ”  でも好演してたピアニストのジョン・カウハードを紹介。

 
ジョン・カウハードは、同じく “ Blue Has A Range ”  に参加してたブライアン・ブレイドの “ The Fellowship Band ”  のメンバーでもある。

ということで、このアルバムにもブライアン・ブレイドが参加。
そしてベースにジョン・パティトゥッチ、ギターがビル・フリーゼルという鉄壁のメンツだ。

すべてがカウハード作曲。カウハードいい曲書く!
力まかせ、テクニックでゴリゴリ押すタイプでなないけど、どこまでも美しく優しい。

ギターのフリーゼルが全体にえも言われぬ空気をもたらしている。自身のアルバムほどの強烈さはなくとも、ひと味もふた味も違うフィルターをかけたように狙いは成功している。

ピアノとギターの絡みが格別に美しい。もちろんメンツが素晴らしいから、どの曲も聴き応えあるし最後まで退屈しない。

パティトゥッチのソロもおおっ!ていう聴き応えだし、全体通して力強く引っぱってたのもしい。いくぶん抑え気味のブレイドもここぞというところでもちろん存在感をしめす。

いや〜なかなかいいアルバムだな、これ。
むさい横顔(スマン)のジャケット意外は、じつに美しい世界。

 Degree of
Aesthetic / 美しい〜度 ☆☆☆
Contemporary / コンテンポラリー度 ☆☆
Romantic / ロマンティック度 ☆☆
Wiswistful / 哀愁度 ☆☆
Ambient / アンビエント度 ☆☆
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Piano, Electric Piano, Mellotron, Composed By, Producer – Jon Cowherd
Drums – Brian Blade
Bass – John Patitucci
Guitar – Bill Frisell


Mercy Suite Part One – Jon Cowherd Mercy Project


Mike Moreno & Jon Cowherd Duo – “The Columns” @ musig im pflegidach, Muri

Mercy

Mercy

  • ジョン・カウハード
  • ジャズ
  • ¥1833

 

RELATED POST